補聴器の種類

補聴器CICタイプ(耳穴式)


 
補聴器CICタイプは極小サイズで耳の奥まで入り、ほとんど目立ちません。
 

補聴器カナルタイプ(耳穴式)


 
現在最も普及してしているタイプです。
耳の穴にスッポリ収まり目立ちません。
 

補聴器カスタムタイプ(耳穴式)


 
耳の窪みに収まるタイプです。高度難聴にも対応できます。
 

補聴器耳掛けタイプ


 
軽度から重度難聴まで幅広く対応でき、広範囲の価格帯から選択できます。
 

レシーバー分離型タイプ


 
小さくて目立たない!
くわえて高機能な耳掛け補聴器です
 

補聴器ポケットタイプ


 
初めての方でも補聴器の操作が簡単にお使いいただけます
 

補聴器 デジタルとアナログ?

アナログ補聴器は、音の増幅・音量・音質をアナログ信号でおこないます。よって、音質の向上や、雑音の処理などに限界があります。一方、デジタル補聴器は、音を数値化して計算することで、音や声の処理・増幅をデジタル信号でおこないます。さらに「環境の変化に対応し、快適な音量・音質の実現」 「“不快なピーピー音”=ハウリング音を強力にシャットアウトする機能」 「聞こえ方など細かで繊細な調整が可能」などの高性能商品があります。

補聴器 両耳装用の効果

私たちは、視覚と聴覚をつかって、距離と方向を正確に捉えることができます。聴覚に関しては、右耳からの情報は脳の左半球、左耳からの情報は脳の右半球へ伝達されます。
補聴器の片耳装用に比べて、両耳装用することによって、右耳からの情報(性質)・左耳から情報(性質)を右脳および左脳でそれぞれ円滑に処理することができます。
《両耳装用の効果》
●音の方向がはっきりわかりやすい。
●言葉や小さな音も聞き取れます。
●大勢の声や騒音下で、聞きたい音が聞き分けられます。
●より自然な聞こえとなり、快適です。
●聞こえの範囲が広がります。
●音量を下げて使用でき耳が疲れません。

補聴器 アクセサリー

補聴器電池 1パック(6ヶ入り) 550円(税込)で販売いたしております。
  PR536(10) PR41(312) PR48(13) PR44(675)各種取り揃えております。
●補聴器乾燥剤取り扱っております。
●補聴器乾燥ケース取り扱っております。